専門学校で文芸を学びたい方におすすめの情報

小説や詩など、文芸にはさまざまなジャンルがそろっています。もしも文芸について詳しく学びたいと考えているならば、専門学校に関する情報を集めてみましょう。カリキュラムの種類が豊富ですから、自分の嗜好や目的に応じて選択することが大切です。

それぞれの専門学校でどのようなカリキュラムが用意されているのか、じっくり比較しましょう。

文芸はジャンルの種類が豊富

読書や芸術鑑賞を通して、文芸に興味を持つ方はたくさんいます。もしも創作活動に興味があるならば、文芸について詳しく調べてみましょう。文芸はジャンルの種類が豊富ですから、詳細を把握することがポイントです。

最も知られているジャンルは小説です。

芸術性を追求した純文学や、物語の面白さが特徴的な大衆小説は、幅広い世代の読者が存在しています。特に、大衆小説は推理小説や時代小説の読者層が多いことで有名です。ホラーやファンタジー、SFも映像化されやすいジャンルの小説ですから、とても人気があります。

ほかに、ライトノベルは、アニメやマンガに親しんだ若者向けのジャンルとして関心が高まっています。少女向けと少年向けのライトノベルが販売されています。また、文芸は詩や俳句、短歌や随筆など、古典的なジャンルが現代にも受け継がれています。

さらに、より現代的なジャンルとして、エッセイや脚本に対する注目が集まっています。エッセイは気軽に書くことができる文章として、より多くの支持を得ています。映画やアニメ、テレビドラマをきっかけにして、脚本を書き始める方も多いです。

もしも創作活動を始めたいなら、希望のジャンルを明確にしておきましょう。

専門学校で学ぶメリットについて

創作活動を始めようと考えているならば、専門学校で学ぶ方法がおすすめです。関連|大原学園 > 専門学校

その理由は、文芸に関する専門的な知識を身につけることができるからです。古典文学をはじめとして、あらゆる文芸について勉強するためのカリキュラムが用意されていますので、とても役に立ちます。

中世文学や近代文学、現代文学など、各年代の特徴などを学ぶことも可能ですから、より多くの知識を蓄えられます。さらに、小説や随筆の違いなど、それぞれのジャンルについて完全に把握することができます。文芸について学びたい気持ちが強いなら、専門学校への入学を検討しましょう。

また、専門学校では、文芸の技術を磨くこともできるというメリットがあります。なぜなら、文芸について専門性の高い知識と技術を持つ講師がそろっているからです。自分の創作活動を高めたいと希望しているなら、実際に作品を添削指導してもらう必要があります。

優れた講師に添削してもらうことによって、自分の作品の長所を伸ばして、短所を直すことができます。技術面を向上させたいなら、専門学校の講師に作品の指導を受ける方法が適しています。尚、小説家や随筆家など、著名な作家を講師として招いている専門学校もあります。

ほかに、有名な出版社の編集者が講師として教壇に立つケースもあります。

コースやカリキュラムをチェックしよう

専門学校には、さまざまなコースが設置されています。小説の創作を勉強したいなら、関心のあるジャンルについて詳しく学べるコースを探しましょう。純文学は文章表現に重点を置く傾向があります。大衆小説はストーリーテーラーになることを目的としています。

また、ライトノベルは流行に敏感になることがポイントです。各ジャンルによって特徴が異なりますので、希望のコースで専門的に学ぶ方法は有効です。中には、プロの作家になるための養成コースを設置している専門学校もあります。

本気でプロとして活躍することを目指しているならば、養成コースがある専門学校をリストアップしながら探しましょう。尚、カリキュラムはバラエティが豊富ですから、どのようなことを学べるのか調べておきましょう。教壇に立つ講師の講義を聴くだけではなく、作品の提出を課されることもよくあります。

定期的に作品を書いて出すことによって、実力が身につきます。また、より広い視野を持つために、芸術鑑賞をカリキュラムに取り入れている専門学校はとても多いです。

特に、脚本の勉強をしたい場合には要チェックです。舞台やミュージカルなどを見学することによって、大きな刺激を得られるためです。

専門学校を選ぶための秘訣

いくつかの専門学校をリストアップしたら、オープンキャンパスに参加してみましょう。実際に専門学校を訪れることで、入学した後のイメージをつかめるようになります。先輩たちや専門学校のスタッフに質問するコーナーを設置している場合もありますので、とても勉強になります。

また、在校生の作品を展示している専門学校もありますから参考にしましょう。サークル活動を推奨している専門学校も多いです。尚、専門学校では、オープンキャンパスのほかに文化祭や発表会などのイベントを開催することがあります。

ホームページやパンフレットで確認して、できるだけ多くのイベントを訪れてみましょう。各専門学校について、より詳しく知ることができます。さらに、専門学校に関する疑問がある時は、事前にメモをしてまとめておきましょう。

コースやカリキュラムに関する質問はもちろん、学費について相談することも大事です。それぞれのコースやカリキュラムによって学費が異なりますので、詳しい情報収集を行いましょう。二年制や三年制など、学ぶ期間によって学費が変わります。

ほかに、パソコンなどの機材を要するケースもあります。入学した後に、具体的にどれくらい費用がかかるのか把握しておくべきです。

正式に専門学校に願書を出す前に

専門学校に入学することを決意したならば、願書を出す前にチェックしておきたいポイントがあります。まずは、試験や面接の対策をすべきです。国語の試験のほかに、作文を課す専門学校もあります。面接を受ける場合には、あらかじめ練習しておきましょう。

さらに、専門学校までの交通費を計算しましょう。専門学校で学割を発行してもらえば、交通費を抑えることができます。入学したら、学割の申請をお願いしましょう。また、自宅を離れて下宿をする場合には、生活費のトータルを把握する必要があります。

アパートで暮らすことを検討しているなら、家賃のほかに食費と光熱費がかかります。ゆとりのある学生生活を送りたいならば、費用を節約できる物件を探しましょう。